「アルバム『女王陛下のピチカート・ファイヴ』を聴けば、まるで1本の映画を観たかのような錯覚に15分で陥れる」他

深夜2時、眠れなくて書いてしまった。これからはカフェインにもっと気を付けよう。

 

・ネット上での名前の使い分け

現在、『もの作りをするときの名前』『文章を書くときの名前』『ゲームをするときの名前』を使い分けている。

自分の中のメリハリというよりも、それぞれの活動に関連性と先入観を持たれたくないからだ。
なので、このブログ以外のところで「ブログをやっています」とは言わないし、このブログで別名義での活動を宣伝することもないだろう。

文章とゲームはそんなに人の目に触れないので統合してもいい気がしているが…。

 

はてなブログの使い心地

数字やコメントなどの反応を目に入れたくないので、はてなスター(他のSNSで言うところのいいね)やコメント機能を非表示にできるのはとてもありがたい。

以降の話は私のスタンスが特異なだけではてなブログは悪くないのだが、はてなブログのアプリではメニューを開くと記事の閲覧数が目に飛び込んでくるので、それが嫌でメニューを開けなくて困っている。

ブラウザ版でも閲覧数は目に入るところに表示されるため、現状ではアプリでメニューを開かないように気を付けながら記事を作成して投稿している。 

不意に閲覧数が表示されるのではないかという恐怖でデザインやその他諸々をいじれなくなってしまった…。

 

・アルバム、『女王陛下のピチカート・ファイヴ

好きなアーティストや楽曲は他にもあるが、1枚のアルバムとしてはこの作品が一番かもしれない。

ピチカート・ファイヴは詳しくないし、このアルバム以外のこともよく知らないが、このアルバムのwikipediaを読んだところによると、これは「架空のスパイ映画のサウンドトラック」であるらしい。

その面白さと完成度には目を見張るものがある。
楽曲を聴いていると、「架空のスパイ映画」のストーリーや場面がありありと目に浮かぶのだ。
おそらく、音楽と映画の"あるある"をうまく利用しているのだろう。

私が購入した復刻版CDでの"架空のスパイ映画のサウンドトラック"としては、(おそらく)トラック6の「~ a.スパイ対スパイ (「女王陛下のエロチカ大作戦」からの抜粋)」からトラック9の「~ d.陽動作戦 (「女王陛下のエロチカ大作戦」からの抜粋)」がストーリー本編、そしてトラック10のトップ・シークレット(最高機密)がエンドロール曲であるのだろう。

~ a.スパイ対スパイでは起承転結の"起"、~ b.スウェーデン娘では"承"を描き、~ c.自白剤では主人公がピンチに陥ったであろう"転"、~ d.陽動作戦では軽快でカッコいいサウンドが物語の佳境を思わせる。
しっとりとした曲調のトップ・シークレット(最高機密)を締めとして、トータルおよそ15分程でまるで1本の映画を観たかのような錯覚に陥るのだ。


トラック17の「夜をぶっとばせ」も好きだ。
「夜をぶっとばせ」の歌詞、"君を愛しているのに 訳もなく気分はどこかブルー"、"幸福な夏の午後なのに なにもかもひどくブルー"、の、大した理由がなくても憂鬱でいることを否定しないところが好き。
憂鬱を否定もしないが、だからといって肯定するわけでもなく、ただ黙って隣に寄り添ってくれている感じが心地よい。
私は「きっと大丈夫」みたいな歌詞を無責任に感じてしまうような人間なので尚更である。

好きなのでボーカルの人が別のバンドで歌った「夜をぶっとばせ」も買った。こちらのほうが比較的最近で、ピチカート・ファイヴ版と比べて歌い方や楽曲全体に違いが見られて面白い。


「女王陛下のピチカート・ファイヴ」はネットでの配信がなく、入手しづらいのが玉に傷だが、HMVの通販ページにて試聴ができるので是非。

「"VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)"は、いい映画を観た後のような気持ちになれるゲームだった」他

最近やったゲームの感想など。
ネタバレらしいネタバレはなし。


アサシンクリード エツィオコレクション

アサシンクリードやってみたいなー、と思いながらPSstoreを眺めていたらセール中だったので購入した。
アサシンクリード2』『アサシンクリード ブラザーフッド』『アサシンクリード リベレーション』の3作がセットになっている。

アサシンクリード2をプレイしてまず驚いたのは、グラフィックだ。
人物のモデルは最新の実写さながらのアサシンクリードと比べるとさすがに劣るが、街並みや空は元々がPS3のソフトだということを忘れるほどにきれいだった。
そんなきれいな街並みの中を、壁をよじ登り屋根を駆け回りと、自由自在に動ける気持ち良さ!
実際は所々に敵が配置されているので、好き勝手に走り回っていると面倒なことになったりするが、そこはアサシンとしてロールプレイしながらうまく切り抜けたいところである。

アサシンということでステルスキル重視なのか、近接戦闘は操作にクセがありちょっと難しい。
ブラザーフッドだとボウガンがすごいつよかったので、近接でもかまわずバカの一つ覚えで撃ちまくっていた。


アサクリ2、ブラザーフッドと立て続けにプレイして、人を殺すのに疲れてきたのでリベレーションは合間合間に遊んでいる。

人を殺すのに疲れるようではこのゲームは向いていないのではないか?とも思うが、散歩が楽しいしストーリーも気になるのでもうちょっとやってみたい。

ブラザーフッドの、イスタンブールの街の埃っぽさでぼんやりとした空の感じが好きだ。


・VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)

バーテンダーの主人公と、その周りを取り巻く環境や人々を描いたサイバーパンクビジュアルノベル作品。
プレイヤーは会話の選択肢の代わりにカクテルを提供して物語を進めていく。

ノベルゲームはあまりやったことがなかったし、空いた時間に気軽にできるかな?と思っていたのだが、「いつものをくれ」と注文するお客さんや、この人はこんな人だからあのカクテル、などなど、読み込みと記憶力が試される部分があったので、没入しながら一気にプレイした方がいい、ある種の映画的な作品だったかもしれない。

実際、クリア後はとてもいい映画を観た時のような、満ち足りた気持ちになった。心があたたかくなるとか、泣けるとか、そういう類いのものではない、何かがとても満たされた感じ。

また、この作品には恋愛・性愛描写が多々あるのだが、同性愛などの現代において多数派とは言えない愛も描いている。
しかし、コンテンツ化された"いわゆる『BL』や『百合』"ではなく(私はそういう作品も好きで読むが)、同性愛を"特別ではないもの"として描写しているところがプレイしていて心地よかった。

グラフィックも最高!繊細な色遣いのドット絵に見とれていた時間も短くない。

ふもふもドリーム、飲んでみたい。


・ICEY

メタ要素とナレーションが面白いゲーム…らしい。
始めたばかりでまだ30分ほどしかプレイしていないが、すでにメタ要素たっぷり。面白い。続きをプレイするのが楽しみ。
アクションも爽快。ゲームの上手くない自分でもとっつきやすい感じだ。

ゲーム開始からしばらくして、いくつか質問をされたので、それに答えていったところ、難易度をイージーに設定された。
普段は難しくても一周目は必ずノーマルでやるのだが、お前はイージーだ!というのがゲーム側の判断ならまあいいかな。


ポケモンGO

リリース直後くらいにちょっとやってやめたのだが、最近再インストールした。
リアル孵化作業が一番楽しい。
BWでたまごを抱えてウルガモスと自転車で走り回ったあの日々!あれを現実の自分がやっているというのが感慨深い。

ゲームの中でリアルの人間とリアルタイムで関わるのがイヤなので、レイドバトルや対戦に関しては腰が重いのだが、やらなくてもいい。やらなくてもゲームが成立するのでありがたい。


・Project Athia/TES6/FF16/ポケットモンスターLEGENDSアルセウス

発売を楽しみにしているゲーム!

Project AthiaFF15スタッフが作るらしい。FF15は大好きだし、トレーラー(Youtube)のお腹が燃えてるドラゴンが超カッコいいので楽しみ。女主人公っぽいのもいい。

TES6:TES5・Skyrimが面白かったので楽しみ。カジートでプレイしたいけど、心変わりするかもしれない。

FF16:ちゃんとやったFFが15だけなので機会があったらやってみたい。主人公が渋くて良さそう。

ポケットモンスターLEGENDSアルセウス:この前の発表を見てテンションが上がり先走ってSwitchを買ってしまった。楽しみ。私はヒノアラシ


PS5を買えていないのだが、これらの発売までに流通が安定していてほしいものだ。

海外から絵を買ったときの話

数年前の夏、母が入院した。

不安、心配、それまで母がしてくれていた分の家事、見舞い、8月のうだるような暑さ、その時期には他にも気分の沈む出来事が重なり、私は憔悴し切っていた。
(ちなみに母は1週間ほどで無事退院しました。)


ところで、私には好きな画家がいる。
新進気鋭で、都市の空気感と光の表現がとても素晴らしい絵を描く画家さんだ。
そして、その作品のいくつかは少し頑張れば手の届く値だったので、私はいつか収入が安定したら買いたいな、と思っていた。


母の入院とその他諸々で憔悴し切った私は、リビングで横になり、その画家のホームページに載っている作品群をボーッと眺めていた。
ボーッとしながらその画家の作品を扱っている画商のページを転々とし、ある一点の作品に目が止まる。

複雑な色が織り成す空を描いた一枚の絵。それはインスタグラムで一目見たときから心奪われ、ことあるごとに開いては眺めていた作品だった。

確か前見たときにはもう売れてたな…と思いながら画像をタップする。

 

売り出し中じゃん!!!

 

取り扱いは海外の画商。ドルで付けられた値を検索して計算して日本円に換算してえーと今の貯金額は…

悩んでいる間に誰かが買っちゃうかもしれない!!疲弊した脳も背中を後押しして、夜の12時前、私は購入希望のメールを送った。


絵の購入はamazonのように商品を選んで個数やら支払い方法やらをポチポチ、数日後には到着、というわけにはいかない。
結構な数のメールをやりとりし、国際送金の手続きをし、国際輸送の登録をし…何もかもが初めてのことばかり。

私は英語がからきしなのでメールのやりとりにgoogle翻訳を駆使していたが、案外それでどうにかなった。
ありがとう、google翻訳
(google翻訳直だけではちょっと不安だったので再翻訳してみたり他の翻訳サイトも噛ませてみたりしたが…。)


余談。
「日本人の名前を英語表記にする時に、今までは姓と名を逆にしていたけど、これからはそのまま姓・名の順にするよ」というニュースを見たばかりだったので、なるほどと思い画商宛のメールに私の名前を姓・名の順で書いてみたが、以降ずっとHi,(苗字)!と挨拶が添えられており、苗字が名前と勘違いされている感が否めなかった。
これから変わっていくのかな?いかないのかな?

 

 

購入希望のメールを送った日から何日だろうか、母も退院してしばらく経ち、季節が秋に変わる頃、大きな木箱が家に届いた。

木箱!

木箱だった。

ここから開ける、みたいな印も見つからず、なにか開け方があるのか?と思い検索するもめぼしい情報は得られず、ダンボールに慣れきった現代っ子の私は慌てふためいた。

海を渡ってきているし、決して安い買い物ではないのだからそれで安心なのだが、絵はとても頑丈に梱包されており、結局ドライバーで一本ずつネジを抜くことになる。
絵を買ったはずなのに、ちょっとしたDIYみたいに…。


木箱が開くと、立派な額縁に彩られたあの絵が姿を見せた。
今までJPEGであったものが物体として目の前にある!美術館でしかお目にかからないような油絵が家にある。嬉しくもあり、不思議な気持ちにもなった。

朝一番に視界に入れたいなと思い、絵はベッドの側に飾った。
この世で一番好きな絵が手元にあることは今でもちょっと不思議だ。

 

私の短所としてひとつ、「考えすぎてしまう」があり、何かをしようと思ったときに"考えすぎる"ことでやめる言い訳を見つけるのが癖になってしまっている。

考える前に行動するのも必要だと常々自分に言い聞かせているが、購入希望のメールを送ったときは疲労によって「考えすぎてしまう」が止まり、結果的に行動ができたのだと思う。


疲れて何も考えられないのは勘弁だけど、考えないことも人生を送る上ではひとつの有効な手段だ。
この脳とうまく付き合っていくためにも、考えてはいるが、考えすぎない、いい塩梅を見付けていきたいものだ。